ラクトフェリンでできるカンジダ・水虫の改善

ラクトフェリンでカンジダや水虫が改善する?

ラクトフェリンはピロリ菌や歯周病菌などの細菌から体を守ってくれます。その優れた抗菌効果と免疫強化力は、カンジダ菌や水虫菌(白癬菌)にも有効で、実際にラクトフェリンを摂取することによって水虫が改善したり、カンジダを予防する効果があることがわかっています。

真菌にも効果があるラクトフェリンの抗菌作用

口腔カンジダ、カンジダ膣炎を引き起こすカンジダ菌や、水虫の原因となる白癬菌は、細菌ではなく真菌、つまりカビの一種です。特にカンジダ菌は、風邪などで抗生物質を服用すると、カンジダ菌の増殖を抑えている善玉菌が減少してするために、爆発的に活動を始め、かゆみや炎症を発生させてしまうのです。

そこでオススメなのがラクトフェリン。ラクトフェリンの抗菌作用が、カンジダや水虫といった真菌による炎症にも効果を発揮します。

善玉菌をサポートするラクトフェリンの効果

真菌の感染症は、抗真菌薬によって治療をしなければなりませんが、ラクトフェリンはその抗菌作用によって真菌からの攻撃を防御し、善玉菌をサポートして回復を早める効果があります。

カンジダも水虫も、実は免疫力が弱っている時にかかりやすいもの。そこで、ラクトフェリンを摂取して腸内の善玉菌のはたらきを活性化し、免疫力を高めることが有効になります。ラクトフェリンは、カンジダや水虫の炎症を早くしずめ、真菌への感染を予防することが可能です。

ラクトフェリンの効果・効能